RECRUIT採用情報

職員紹介

看護師

看護師木村

一般の病院で10年くらい勤務したあと、花ノ木医療福祉センターに就職しました。普段は病棟で、呼吸管理や食事・注入食・胃ろうなどの管理、排泄管理などを行っています。慢性期の方がほとんどなので、ひとりひとりの方にじっくり向き合って落ち着いて看護ができると感じています。

花ノ木にはうまく言葉が出せない利用者の方も多く、最初はなかなか何を訴えていらっしゃるのかわかりにくいと感じることもありました。表情や心拍数などを読み取り、どんなケアをすればいいかを考えることからのスタートです。ですが、利用者の方の普段の様子を細かく見て、先輩がたからいろいろ教えていただくことで、少しずつわかるようになってきました。スタッフはみんなとても明るく前向きで、利用者とも丁寧に関わるのでとても安心して仕事をすることができています。

研修や他の施設との交流・情報交換も活発です。職場から出張として行くケースもあれば、個人的に休みを取って参加するケースもあります。どちらにしても、みなさん快く送り出してくれますので、知識やスキルのアップデートもしやすい環境ではないでしょうか。

働く人に優しい環境が整っているのも花ノ木の特徴です。時間外勤務もほとんどなく、休みもきちんと取れます。お子さんの都合に合わせて休みを入れることもできるので、子育て中の方でも安心して働けますよ。自分の生活を大切にしながら、やりがいや満足感ある仕事ができる場所だと思います。

看護師高木

生活支援員として7年間勤務したあと、より安定して仕事をするために看護師の資格を取りました。働きながら資格を取ったのですが、いろいろと融通をきかせていただいて助かりました。

利用者の中には学童期の方もいます。呼吸器をつけている子、発熱が多い子、そういうお子さんの体調をしっかり整えて特別支援学校の分校に送り出すことができたときは、喜びとやりがいを感じます。

花ノ木では、入退院などで利用者の方がひんぱんに入れ替わることがありません。そのため、新しく入ってきた職員に丁寧に教えることができます。腰を落ち着けてやりがいある看護をしたい、じっくり学んでいきたい人にはぴったりの職場だと思います。

看護師倉元

利用者の方の日常生活の看護を中心に行っています。入って数年なので、まだわからないことはたくさんありますが、先輩がたが丁寧に教えてくださるので安心して仕事ができます。

最初特に戸惑ったのは、利用者の方とのコミュニケーションでした。しかし、毎日じっくり利用者の方と向き合うことで、表情や仕草から少しずつコミュニケーションが取れるようになってきたように思います。

ここには看護実習で初めて来たのですが、職員間の雰囲気の良さ、働きやすさに惹かれました。休みもきちんと取れるので、体力的・精神的にも余裕を持って仕事をすることができます。働きやすさとやりがいの両方を求める人におすすめできる職場だと思います。

生活支援員

生活支援員/
介護福祉士
山本

生活支援員として、利用者の方が日常生活を送る上でできない、できにくい動作をサポートしています。利用者の方の中には、言葉でのコミュニケーションが取れない、取りにくい方も多くいます。こういった方とどう関わっていくかは難しい問題で、私自身も戸惑ったり、悩んだりしたことがありました。

でも、この施設ではそういった方とも非言語コミュニケーション、つまり表情や体全体の様子を見て、今どんな気持ちなのかを考えて関わっていくことをすごく大切にしています。ここに初めて来たのは専門学校での実習時でしたが、非言語コミュニケーションという考え方と、それを使って利用者の方と関わっていく様子に衝撃を受けたことを覚えています。それが、ここで働きたいと思ったきっかけでもありました。

実際に働きはじめてからは、先輩がたに教えていただき、経験を積むことで少しずつ関わり方が見えてきたように思います。利用者の方が笑顔になると、喜んでもらえて良かったとやりがいを感じます。

働く環境としても、ここはしっかりしていると思います。勤務は変則2交代制で夜勤もありますが、残業はほとんどありません。シフト作成にあたっては自分の希望も通りやすいです。休みもしっかり取れるので、ちゃんと休んでリフレッシュして、無理なく働けるような仕組みがあると思います。職員同士の仲も良く、相談なども気軽にできる雰囲気があります。フットサルなどのサークル活動もあり、仕事も余暇も楽しく過ごすことができるのではないでしょうか。

生活支援員/
保育士
飯田

利用者の方の食事や入浴などをサポートしています。

花ノ木の利用者の方には言葉が通じにくい人もいらっしゃるのですが、毎日接していくと少しずつ、表情などでコミュニケーションが取れるようになっていきます。うまく意思疎通ができた瞬間は、やりがいや楽しさを感じます。

福祉と医療がしっかり結びついた環境で生活支援の仕事をしたいと考え、花ノ木医療福祉センターにやってきました。来てすぐはプリセプター制度といって、先輩がマンツーマンで教えてくれました。さらに、定期的にカンファレンスを開いて上司とも話をすることができるので、困ったことがあっても安心です。福祉は楽しいと改めて感じながら仕事ができる、良い職場だと思います。

生活支援員/
介護福祉士
樋口

10年以上病棟で生活支援の仕事をしていましたが、現在は児童発達支援センター「おひさま」で児童発達支援管理責任者をしています。

それぞれのお子さんの個別支援計画を立てて、ちゃんとサービスが提供されているかチェックする仕事です。自分の考えた支援がお子さんにぴったり合い、お子さん自身でできることが増えていくときは大きな喜びを感じます。

児童発達支援管理責任者になるには資格が必要なのですが、この資格は働きながら取りました。資格取得時にはサポートもしてもらえて、キャリアアップしていきやすい環境だと改めて思いました。どの職員もチームワークが良く、仕事のやりやすさは抜群です。利用者の方との関わりはもちろん、職員同士の関わりも楽しめる場所です。

生活支援員/
社会福祉士
(相談支援専門員)
青山

06年間病棟で生活支援を行い、現在は福祉サービスの利用計画を立てる計画相談支援の仕事をしています。

利用者の方は南丹圏域全域にまたがっているので、亀岡市、南丹市、京丹波町それぞれの公的サービスなどを把握しておかないといけません。他の事業所や行政の方とお話しする機会も多く、刺激を受け、自分を成長させていける仕事だと思います。とはいえ同時に、まだまだ勉強が必要だとも痛感しています。

花ノ木には、大学のときからアルバイトとしてお世話になっていました。そのため、就職するときも仕事内容や雰囲気がわかっていたので安心して入ることができました。花ノ木での仕事に興味を持った人は、まずはアルバイトやインターンシップ制度を使って実際に働いてみて、仕事や雰囲気をつかんでみると良いのでは、と思います。

リハビリ

リハビリ/
言語聴覚士
前田

言語聴覚士として、入所されている利用者の方のコミュニケーション、摂食・嚥下、口腔ケア、外来で来られるお子さんの言葉の発達のリハビリなどを行っています。

外来でリハビリを受けに来られるお子さんの年齢は様々です。その中で、私が今担当させて頂いているお子さんは、就学前の3~5歳児さんが多いです。お子さんに検査を受けてもらったり、一緒に遊んだりする中でお子さんの発達の様子や課題を考えていきます。その上で、保護者の方と一緒に、ひとりひとりのお子さんに合った方法を考えていく必要があります。お子さんの出来ることが増えるのを見たときや、保護者の方から「こんなことが出来るようになりました」と言われたときはとても嬉しく、やりがいを感じます。

入所されている利用者の方へのリハビリでは、言葉でのやりとりが難しい方も多いため、どのようにコミュニケーションを取ればいいのか戸惑うこともありました。しかし、繰り返し関わっていく中で、表情や身振り、発声や身体の緊張度など日によって異なる反応があるのを知り、言葉以外の方法でコミュニケーションをとることが徐々に出来るようになってきていると感じます。利用者が楽しいと感じておられるサインを出してくれたときには、私も嬉しい気持ちになります。

先輩方には、いろいろと相談に乗って頂いています。職員同士の仲も良く、入所されている利用者も基本的に退院されることがないため、大きな家族のような温かい雰囲気がある職場だと思います。

リハビリ/
理学療法士
島田

体が動かしにくい人に対して、運動療法を中心としたリハビリを行っています。

理学療法士になるために学校で4年間しっかり勉強してきたのですが、実際働きはじめると知識不足を実感します。ここに来たときも、0からのスタートだなと思いました。研修などに行かせていただいたり、研修に行った職員の報告会で話を聞いたりして勉強をしています。また、利用者の方や保護者の方との接し方に悩んだときは、先輩たちのやり方を参考にしたり、直接相談したりしています。

花ノ木では、利用者の方にはひとりひとりに寄り添った関わり方をしよう、困ったことがあれば職員内で話し合って解決していこうという空気があります。どんなことでも気軽に話や相談ができる、働きやすい職場ですよ。

リハビリ/
作業療法士
西岡

遊具や道具を使って大きく身体を動かす活動や、お箸などを使った細かな作業を通じて、利用者の方のリハビリを行っています。

発達領域の作業療法士はひとり職場であることも多いのですが、花ノ木には多くの先輩や他の療法士の職員がいます。困ったときにすぐに相談できるだけでなく、作業療法以外の視点からもアドバイスや情報を受けることができ、とても勉強になります。また、利用者の方は乳幼児から高齢者までと幅広い年代・症例の方に関わっていけるのもこの施設ならではのいいところだと思います。

じっくり落ち着いて、作業療法士として発達領域の知識やスキルを深めていきたい人にとっては、とてもよい環境だと思います。

採用に関するご質問などは、お電話またはメールにて随時受け付けております。どんなことでもお気軽にご連絡ください。

花ノ木医療福祉センター
採用担当まで

ページトップ