FAQよくある質問

  • Q1入所したいのですが、利用方法を教えてください。
    A1

    花ノ木医療福祉センターでは、京都府家庭支援総合センターと京都市児童福祉センター発達相談所を通じ、新規入所者を相談の上決めています。施設入所希望の方で京都市内にお住まいの方は、京都市児童福祉センター発達相談所、府内にお住まいの方は地域の福祉事務所を通じてお問い合わせください。

  • Q2短期入所したいのですが、利用方法を教えてください。
    A2

    花ノ木医療福祉センターの短期入所担当者にご連絡ください。短期入所のご利用案内を致します。

    利用までの流れは、初めに短期入所希望されている方の様子をお聞きします。希望があれば施設見学等の案内をさせていただきます。短期入所利用までの流れは、①予診票の記入②初診③短期入所サービス利用説明④契約・短期入所初回利用となります。安全面の確保や宿泊に向けた準備を段階的に行っていきますので、初回利用まで3~4ヶ月かかる場合もあります。

  • Q3重症心身障害者通所の利用方法を教えてください。
    A3

    はなのき通所を利用するには、障害児通園受給者証に「重心」の記載が必要となります。記載が無い場合は市町の相談窓口か障害児相談支援窓口へご相談ください。

    ご利用までの流れは下記の通りです。

    1. 地域支援課通所係までご連絡ください。
    2. 事前見学をご案内します。受給者証を持参していただき、実施要綱やご利用日の確認、利用者の健康状況など確認させていただきます。
    3. 体験利用をご案内します。
    4. 利用が決まれば契約となります。
  • Q4放課後等デイサービスの利用方法を教えてください。
    A4

    はなのき通所と同じ手順となります。Q3をご参照ください。

  • Q5児童発達支援センター〈おひさま〉の利用方法を教えてください。
    A5

    おひさま入園までの流れとしては、

    1. 花ノ木医療福祉センターの外来受診(入園の適否を判断する為の診察)
    2. 市町村へ受給者証の申し込み(相談事業所が利用計画案の作成)
    3. 児童発達支援センターと契約
    4. サービス利用開始

    主治医からの紹介のもとおひさまの見学もしていただけます。

  • Q6発達検査を受けたいのですが、どうすればいいか教えてください。
    A6

    花ノ木での発達検査は、発達外来診療の一部として実施しますので、まず発達外来の受診が必要になります。お電話で『発達外来を受診したい』と申し込んでいただき、郵送されてくる予診票に、受けたい理由、これまでや現在の状況などを記入して、返送または受付に持参して下さい。予診票提出から初診までの期間は変動しますので、申込み時に受付でおたずね下さい。

  • Q7リハビリテーションの利用方法について教えてください。
    A7

    初診の予約を取り、医師の診察を受けていただきます。そこで医師の判断によりリハビリの指示が出た場合、担当スタッフから連絡をさせていただきます。

ページトップ